So-net無料ブログ作成
検索選択

やはり民主売国とグルだった自民党 [時事(国内)]

やっぱりという結果となった消費税増税法案。
何故このような時期に増税なのか?
何故このようなことを平気で行なう民主党政権が続いているのか?
裏を返せば誰がこの政権を助けているのか?

その一つは、当然のことではあるが「反日朝鮮マスゴミ一派」である。
そしてその影に怯え続け何も出来ない野党がある。
言わずと知れた元祖売国政党「自民党」である。
そして今日の行為により自民党は真の意味での民主党と一蓮托生の売国政党であったといえる。
鳩山、菅と日本を破滅させる売国政治を後方支援し続けた結果が今日の姿である。
いつでも政権をつぶす機会がありながら何をやり続けていたのか?

そして今回もやりようによっては民主党政権に止めを刺せたのではないだろうか?
もしかしたら最後のチャンスだったのかもしれない。
このような売国与野党が己の私利私欲(ではなくて他国の私利私欲か?)蠢く現状は日本にとって悲劇以外の何もでも無い。
今日の談合が決定的な今後の絶望への第一歩とならないことを祈りたい。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。