So-net無料ブログ作成
検索選択

サムソン特許問題 [特亜]

サムソン特許問題を他人ごとのようにマスゴミは報道している。
しかし本来これは日本企業がとっくの昔にサムソンを訴え押さえ込まねばならなかったのではないのか?
私の手元に具体的な資料があるわけではなくあくまでも総合的な自己判断だが、日本企業が全てに於いてパクられ、盗まれ続け、今日の惨状を招いてしまったのである。

なぜ日本企業が韓国パクリ企業群をろくに訴えもせず野放しにしてきたのか断言は出来ないが、私は自民党をはじめとする政治家連中が絡んでいたのではないかと考える。
当然スパイ防止法等の法整備も怠けて何もしてこなかったツケでもある。

いずれにせよ今回の件は、本来日本企業がやらねばならないことをアップルにやられたと言うのが正しい見方と思う。
タグ:サムソン

李承晩ラインによる虐殺 [特亜]

竹島問題をNHKがなんとか沈静化させようと虚報ニュースを流しているが、そんなものに騙されてはいけない。

この問題の発端は「李承晩ライン」を一方的に策定し悪逆の限りを尽くしたことによる。

この当時の韓国によりどれだけの人命等の被害が出たのか?
その辺の数値くらいは日本人としては捉えておきたいところである。


李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数 抑留者数:3929人 拿捕された船の数:328隻 死傷者数:44人 死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。 赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された。

そして韓国はその人質脅迫外交で日韓条約への日本側の譲歩という成果につなげている。
なぜかマスゴミはそのあたりには一切触れないが韓国がやってきたことは北朝鮮の「拉致事件」となんら変わらないどころか、それ以上の悪逆さである。
同じ朝鮮人なので当然と言えば当然だが。

朝鮮人どもに負けるな日本!

日本国の安寧を祈念して 長野県護国神社 [鎮守の杜・巨木]

日本の周りにはゴロツキ・ヤクザ国家ばかりであり、日本の国土を虎視眈々(というような遠慮深いものではないが)と狙っている。
これらの泥棒国家から日本を守っていただくように祈念したい。
当然やるべき事はやらねばならないが。

我が長野県の惣鎮守 長野県護国神社
戦前、松本50連隊が松本にあったせいか、それとも他の意味があるのか調べていないが、県庁所在地の長野市ではなく松本市にある。
長野市は寺の町だから神社は不要か?

IMG_3080_R.jpg
IMG_3079_R.jpg
IMG_3074_R.jpg
広大な参道 以前は私も初詣に出かけていた。

IMG_3076_R.jpg
本殿、拝殿、脇拝殿
IMG_3078_R.jpg
斜めから 本殿が奥に聳えたバランスがすばらしい

竹島問題の民主党の対応は、過去の自民よりはるかにマシ [特亜]

表題のとおりで現在の民主党の対応は、今までの売国自民党の対応に比べればはるかにマシである。
自民党が50年間韓国に配慮(裏で金もらってただけだが)した外交を続けてきた事に比べればはっきり言って月とスッポンほどの違いがあるといえる。
兎に角「国際司法裁判所」への付託を一刻も早く実現すること。
スワップ協定は延期せず破棄すること。
天皇陛下への暴言を謝罪するよう要求し続けること等が重要である。
一応民主党はこれらを言い続ける予定なので、実現に向け頑張ってもらいたい。

そして今更ながら民主党の対応を不十分と罵る自民党とはいったい何なのか?
政権を取り返す気概も努力も放棄した政党が何を言っても無意味である。

本来自民党は民主党政権発足後、政権を奪取する機会はいくらでもあった。
本当にいくらでもあったのに結局何もせず今日に至ってしまった「なまくら政党」である。
その間日本国民には莫大な災難が降りかかってしまった。
その責任は民主党政権延命に援助し続けた自民党は共犯者そのものであり、何を言わんかやである。

もう一度言っておくが現在の民主党のやってることは自民党では50年間できなかったことである。
これは事実。


小黒川のミズナラ がんばれ! [鎮守の杜・巨木]

長野天然記念物であり日本有数の名木の一つ「小黒川のミズナラ」が破損している。
破損したのは6月のことなのでもう2ヶ月程になるが、ぼやぼやしている内に取り上げるのが遅れてしまった。
樹形としては非常に残念な状況ではあるが、なんとか再生に向けて各方面の方々には頑張ってもらいたいと思う。
長野県も森林税をとっているのならなんとか対処しろと言いたい。

18fc0ba5a00aec19c7d8ba6e836b1931-300x225.jpg
73b4006267633289fa95aa639829709e-300x199.jpg
結構深刻な状況:ニュース映像より

IMG_1988_R.jpg
在りし日の姿
上の写真と比べると破損箇所が良く分かる

大鹿村の巨木群 [鎮守の杜・巨木]

先日長野県でも秘境の部類に入る大鹿村の巨木群を見てきた。
私も大鹿村に立ち入るのは、今回が初めてであり、兎に角山奥であった。
ルートとしては駒ヶ根市より東進し、南アルプス麓の谷に入り南に向かって延々と細い林道を行くと、最近のパワースポットブームで有名になったゼロ地場:分抗峠の横を通って尚南進する。
この分抗峠には結構な人手となっており、最近のブームの勢いを感じた。

さてそうこうする内に第一目標の「矢立木」の看板があったので案内に沿って「秋葉古道」という獣道のような道を行く。
しかし一向に目指す巨木は姿を見せずおかしいなと思い始めた矢先に、なんと生まれて初めて野生の「テン」に 遭遇した。結構人なつっこいテンで、我々の周りをチョコチョコと動き回り何度か姿を見せてくれた。
しかしその動きは「電光石火」のごときで、感動させてもらった。
写真は撮れなかったのが非常に残念。

その後も目指す木は現れず引き返したが、テンを見ることが出来大満足。

その後再度車で南下すると目指す木は大きな看板とともに簡単に現れた。
この「矢立木」は周りの木が邪魔をして上のほうが見えなかったのが残念だが端正な樹形の名木と思う。
IMG_4696_R.jpgIMG_4698_R.jpgIMG_4699_R.jpg

次の「さかさイチョウ」はとんでもなく細い山道を登った先にあり、とても一人ではたどり着かないだろうと思える秘境の中にあった。
兎に角樹形がすさまじく、その全景が撮れないのが残念ではあるが。
IMG_4702_R.jpgIMG_4703_R.jpgIMG_4706_R.jpg
イチョウ独特の垂れ下がったこぶのすごさ

IMG_4717_R.jpg
隣のお堂のスズメバチの巣~幸い空き巣 他にも幾つかの残骸あり。
どこかに今年の巣がありそうで結構危険地帯。

IMG_4719_R.jpg
少し下って撮影。それでもこの山奥。


最後はシラカシの巨木で、このレベルのシラカシは全国有数ではないかと思う。
IMG_4721_R.jpgIMG_4722_R.jpg
大分痛んではいるがこの迫力。

IMG_4730_R.jpg
全景

IMG_4732_R.jpg
付近に「キリギリス」多数生息。



韓国政府(人)の行動原理は精神病 [特亜]

韓国政府及び韓国人の一連の行動原理とは。

通常歴史を鑑みて論ずる等の意見が良く出ているが、通常の尺度で推し量ろうとするのは大間違いであると言える。
じゃあ彼等の行動原理は何なのか?
キーワードは日本対する「歪んだプライド」と「後ろめたさを隠そうとする嫉妬心」である。

どうしようもない波状国家:大韓帝国(かつてこんな国が一時期あった)を日本が救ってくれた。
※絶対に認めなくない!何故か「搾取された!」などとなる。

定期的におこるウォン安と経済危機
※直近のことなので完全に隠せないが「従軍慰安婦」「竹島」で反撃して事実上の隠蔽。

つまりやっていることは「歪んだプライド」を満足させるために「後ろめたさを隠す嫉妬心エネルギー」を爆発させているパラノイアの世界である。

個人レベルでもそんな人間はたまに存在する。
自分が不利になると一層攻撃的になる傾向が強い者等である。

もっとはっきり言うとただの「キチガイ」なのでまともに取り合ってはいけないということ。

敵国 韓国 [国際情勢]

ここ数日の韓国
・大統領がオリンピック開催中に竹島に不法上陸。
・オリンピック3位決定戦でまたもやの竹島政治パフォーマンス

その昔、東京五輪中に五輪ボイコットの上、核実験をやらかしたシナ中国と根は全く同じである。

つまり韓国は紛れも無く「敵国」だということ。
そして日常的に反日教育を行い、結果としてスポーツの場において必ず上記のような馬鹿が出てくる。

日本の政治家、財界は本当に韓国が敵だと認識し、甘い幻想(どうせ利権がらみとスパイの朝鮮マスゴミが誘導しようとしているだけだが)を捨て去らないと取り返しのつかないことになる。

繰り返し言うが韓国は「敵国」である。

女子バレー(火の鳥ニッポン) 祝!銅メダル [時事(国内)]

女子バレーが銅メダルを決めた。
宿敵(実績と格は明らかに違うが、なぜかマスゴミはそのように書く)韓国を下し28年ぶりの栄誉となった。
過去の栄光から考えると既に過去のスポーツと思う部分もあった。
それに朝、関塚ジャパンが韓国に負けていたので、さすがに2連敗は止めてくれと思ってはいた。
特に迫田の気迫が尋常ではなかったと思う。
とにかくおめでとうと言いたい。

タグ:女子バレー

関塚ジャパン 準決勝へ [時事(国内)]

ロンドンが燃えている。
と言うほど日本が大活躍しているわけではないが。
サッカーU-23が40年以上ぶりに準決勝へと駒を進めた。

この調子で次も勝ってくれ!
柔道惨敗、水泳いまいちの後だけに尚更そう思う。
でも今日はひとまずおめでとうと言いたい。

しかし永井のケガが気になる。
どうか無事であってくれ。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。