So-net無料ブログ作成
検索選択
時事(国内) ブログトップ
前の10件 | -

アメリカに叱られたら何もできない安倍晋三 [時事(国内)]

安倍晋三の政策。

結局は全てアメリカの御心のままに。

靖国にはいつ行くのか?
行くわけないだろう。
アメリカに叱られる。

慰安婦は国内では言い分通したような物言い。
実は全面降伏。

これからは日本国民には増税して特亜のために金ばらまくぞ!
そして日本を食い散らかして安倍政権終了。

早く下痢再発して引退してくれ ?


真の売国奴は愛国者のふりをする [時事(国内)]

安倍とは一体何者なのか?
今回の慰安婦問題で正真正銘の売国奴というのはよくわかった。

そもそも慰安婦問題は朝日新聞の謝罪⁇によりただのでっち上げというのが明白になったのではなかったのか?
本来ならば以上を持って日本国政府は慰安婦について国の全力を挙げて世界に向けての否定をしなければならなかったはずである。

ところが安倍とその一味は一見すると最も安易で姑息な解決策を選んだ様に見えるが実は違う。

本音は韓国への売国がすべての目的だったのだと思う。

但しここの所は安倍の買いかぶりすぎで実はただのバカで安易で姑息な手法が素晴らしい外交政策とでも思っていただけかもしれないが。

私は一つの確信がある。
なぜ国は慰安婦の聞き取り調査内容を公表しないのか?
確実に言える事は内容は殆どが朝鮮戦争時の米軍慰安婦なのだと思っている。
米国ポチの政府が内々に打診して闇に葬る様に指示されたと思う。

いずれにせよ遂に日本は「いわゆる従軍慰安婦問題」を 「従軍慰安婦問題」に昇華してしまった。







安倍首相よ、靖国に背を向けるな [時事(国内)]

安倍首相が靖国に参拝したのはいつのことだっただろうか?
あまりに昔で忘れてしまった。
たった一度のアリバイ参拝でお茶を濁しているのでは無いと信じたいものだが、期待などしてしまうと
虚しい気持ちになるばかりである。

安倍は前回の首相就任時も靖国参拝を結果行わず、小泉の作った首相が年に一度は参拝するという流れをぶった切り中韓への多大なる功績を残している。
たしか就任早々中国訪問という意味不明な実績もあった。
そしてその後の体たらくはご存知の通りである。

私は靖国に背を向けるということは日本に背を向けるだけでなく、中韓に尻尾を振っている行為だと考えている。
今ならまだ遅くは無い。
一刻も早く靖国に向かって欲しいものである。


朝日新聞の黄昏 [時事(国内)]

朝日新聞の廃刊が現実味を帯びてきたように思う。

この新聞(配下のTV朝日も含め)は日本に対する破壊工作をやりたい放題やらかしてきた。

マスゴミ、言論界、そして政治家までもこの新聞社の横暴を止めることはできず逆に媚びてきた。

「日本擁護論」(日本国内でこんな言葉自体がナンセンスだが)を語る政治家が現れると、たちどころに海外へのご注進と新聞紙面、配下のTV局を使って制裁を加え、殆どのケースで辞職に追い込んできた。
改めて言うが、正にやりたい放題だった訳だ。

ところがここにきて世の中の風向きが変わったのは、やはりネットの台頭により情報を独占し操ってきたことが、もはや通用しなくなってきたためなのと、根本的に朝日の方向性が日本国民に敵対してきたことのつけではないかと思う。
ただマスゴミは圧倒的に反日なので、そんな世の中で反日=間違いという当然の考えをネットでの名もなき国民の発信により皆が共有したことが、最終的に朝日を追い詰めていったのだと思う。

さて朝日新聞は今後どうなるのか?
個人的には一刻も早くつぶれてほしいところだが、しばらくは中韓の支援、そして最大の黒幕のアメリカが陰に日向にバックアップするだろうから、しばらくは悪あがきを続けると思う。
しかし日本国民を徹底的なまでに敵に回してしまった新聞が生き残っていけるだろうか?
おそらく早々に経営的に行き詰るのではないだろうか。
まず販売店が持たなくなるのと、部数の落ち込みが相乗効果を招き体力が落ちてくる。
そしてそのあたりでやっとこさ自民党あたりが動き出してくる。
そのあたりが企業として生き残れるかのターニングポイントとなるのではないかと思う。

だが我々被害者の国民としてはそんな悠長なことは言っているわけにはいかない。

早々に、
・朝日経営陣の国会での招致
・河野元官房長官、石原副官房長官の国会での証人喚問
・強制性などというまやかしに騙されず全世界への正しい情報の発信
・米軍慰安婦問題の全世界への発信
以上を早急かつ同時に行うべきと思う。
当然だが後の2つは朝日が全社員、全会社資産を投じて行うべきことである。


靖国への不敬 天の英霊も泣いている [時事(国内)]

昨日は安倍首相以下の靖国への不敬の一日であった。
そして靖国参拝を犯罪かのように報じる犬HK以下の反日朝鮮人マスゴミには本当に辟易させてもらった。

敢えて行う必要のない首脳会談がさも重要なあるかのような?
その首脳会談の妨げをしているのが日本であるかのような?
メチャクチャな報道がまかり通り

本質的な敵対行為を続けているのは何処なのか?
肝心なことは全くの無視

しかしそれらに対し何ら対策を講じず、全面降伏してしまったのが安倍首相であった。

安倍は前回首相時にも、せっかく小泉が参拝し続けた実績を途絶えさせた張本人であることを私は忘れない。こいつがあの当時にきちんと参拝していれば確実に流れはできていたはずであった。


昨日の長野県は夕方より大荒れとなり、諏訪湖の花火大会も中止になってしまった。
天の英霊の嘆きの雨と雷鳴が響き渡ったが、本来の仕事をせずに怠けている安倍には届いたのだろうか?
鈍感そうだから無理か。

安倍首相よ 靖国神社に参拝せよ [時事(国内)]

安倍首相 靖国参拝を見送り

非常に残念なニュースであった。

中韓及び、最大の黒幕であるアメリカの顔色を伺いこのような失態を重ねる。
前回の自身の転落の失敗から何も学んでいない姿がそこにあった。

なぜそんなに馬鹿なのか?
なぜ自分の失敗、日本国の負の連鎖に学べないのか?

従来、中韓に配慮をする⇒中韓はそこに付け込む隙を見出し、さらに問題を深化させる。
この負のスパイラルに今回は「世界最大の戦争犯罪国家アメリカ」までが便乗し調子こいているのが実態である。

阿部が靖国神社に行かずに、天皇陛下が何時参拝できるのか?
自分の“対外的な”「人気取り」のためだけで日本国の名誉そして日本国民の気持ちを踏みにじってはならない。
そして本日朝鮮人が靖国神社を荒しにやってくるとの情報もある。
このような事態を招いた安倍内閣に天罰が下ることを祈る。

靖国神社 平成20年夏
遊就館にて

IMG_1351_R.jpg

賢者は歴史、愚者は経験・・・自らの経験にも学ばない安倍 [時事(国内)]

昨日の竹島式典の件はどうやら本当の話になりそうである。

しかし安倍もつくづく学ばない男だと思う。

前回首相就任当時自分が何をやって墓穴を掘ったのか?
小泉前首相が悪化?させた中間との関係改善(する必要があったとは思えないが)を歌い、中韓におもねり
・靖国参拝はしません!
・河野談話も継承します!
等々の方針を打ち出し、マスゴミ・中韓に媚を売った結果、本来の自分の支持層に見放され肝心の時には誰も助けてくれなくなっていたのではないのか。

また歴史的にも
・胡耀邦・中国に遠慮して靖国参拝を見送った中曽根・・・・その後「靖国問題」として政治問題化
・認めたら今後は反日から未来志向という嘘に騙され、証拠もないのに「従軍慰安婦強制性」を認めた河野談話  ・・・そんなことには毛頭ならず現在「セックススレイブ」として国際的に認知される
・やはり今後はという言葉(何度もだが)に騙され金大中に援助した98年通貨危機                   ・・・日本からの援助否定、その後当然の如く蒸し返し日本を攻撃
・2008年通貨危機当時の麻生政権による通貨スワップ・・・その後の顛末は現在に至るのとおり
いつも騙され、その後しっぺ返しを食らっているのではないか。
(※全部自民党政権でやらかしたことだが。)

今回も竹島で譲歩した結果、正面及び裏工作で一気に攻勢にかけてくる可能性が大である。

安倍に歴史に学ぶことは無理かもしれないが、せめて自分の経験には学んで欲しいものである。
それでも過去の政権に比べればまだ期待はしているのだが。
少し虚しい気もする。

速攻で売国 安倍自民党 [時事(国内)]

「竹島の日」の式典について、早くも安倍自民党が「ちゃぶ台返し」をするのか?
今現在真実かデマなのか不明な部分も多いのだが。

しかしこの話が本当だとすれば選挙当日のエントリーで危惧した自民党の売国勢力に早くも絡め取られてしまったというべきか。
しかし危惧はしていたが早すぎないか?
まだただの自民党総裁の立場だろうに。

現在の状況は党の要の幹事長に「外国人献金の売国奴:石破」
内閣の要職に「何処か性根が座らず日和見の:麻生」
そして安倍の根本はやはりチキンなのか?

そしてもう一つやはり対中韓外交は民主党が比較にならない程「マシ」だったということか。

しかしもし本当にこの話の通りだとすれば、安倍は空気が読めない馬鹿なんだなあと思う。

今後考えを改め、ちゃんと空気を読んできちんと式典を行うことを望む。
タグ:安倍売国奴

総選挙 日本再出発の日 [時事(国内)]

本日は衆議院総選挙である。
私は朝8時に家族と選挙に行ってきたが、日本人は国民の義務として一票を投じて欲しいものである。

さて現在の趨勢から考え、本日をもって日本を混乱と停滞に突き落としていた「民主党政権」が終焉を迎え、安倍政権が誕生するはずである。(間違いなくそうなると信じたい)

気が早いかもしれないが、安倍新首相は自身の信念を曲げることなくやるべきことを一つ一つ取り組んで欲しいと切に願う。

私は本ブログで何度も言っているが、自民党そのものはろくでもない「反日政党」で実態は「民主党:売国工作員政党」の生みの親であることには、残念ながら現時点でも変わってはいない。
つまり石破を始めとした売国勢力が今後どのように足を引っ張っぱり邪魔をするのか?
必ずやらかすことは明白であり、この点に如何に対処していくのかがまずは一番の課題となると思う。

がんばれ安倍総裁。

安倍晋三新総裁に期待する [時事(国内)]

安倍晋三元首相が自民党総裁に返り咲いた。
まずは心から祝福したい。

総裁選挙の戦前は石破茂が有力視されており、何より売国マスゴミがこぞって援護射撃を開始していた。

前回も書いたが私の持論は
自称日本の「朝鮮」マスゴミが応援するもの=日本の害
マスゴミが攻撃するもの=日本国の誇り
であって、かつての安倍政権、麻生政権に対しての個人攻撃、人格の誹謗中傷、理解不能なレッテル貼り、そして勝手に作る破滅(退陣)へのストーリー等々普通に考えればあきれ果てるようなことばかりだったが、お人よしで(実はバカ)な日本人の多くはコロッと騙され、朝鮮マスゴミの尻馬にしっかり乗っかってしまった。

こんどこそ騙されてはいけない。
マスゴミから日本を、安倍晋三を守らねばならない。

前の10件 | - 時事(国内) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。