So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍首相の心情…売国だった [特亜]

いわゆる従軍慰安婦問題で何やらキナ臭い密会が日韓で行われている。

こんなことは国民誰一人望んでいない。

安倍首相の心情?
そんな事は知ったこっちゃない。

そんなに韓国に良い顔したければ自費でやってくれ。

私には何やら裏でトンデモナイ売国の発動事案を進めている様に思える。

そんな事より国民の生活を考えるべきであり
そして何よりとっとと靖国に参拝しろ!


韓国の指示通り報道するNHK [特亜]

NHK(日本反日協会)というのは報道機関ではなく、反日プロパガンダ機関に成り下がったといえる。

先般よりの「朝日誤報:というよりも虚報」に関しても肝心の19:00,21:00のニュースではスルーし、はっきり言えば中韓にとっての都合の悪い報道は一切しないことを心掛けているようである。

しかしこの状況を考えると「心掛けている」レベルではなく、ある指示を受けて行っているのではないだろうかと私は思う。

昨日、韓国では日本より解放された記念日(実際は歴史を勉強すれば8/15ではないのだが)ということでパククネの言い分を取り上げていたが、不思議(当たり前のことか?)なことに、韓国は自国の言い分をすべて言い切っているのに、その最後に

関係改善に向け、主張を控えた表現をしていました。”

などというまた不可思議な表現をするのである。
パククネの主張はいつも通りであり、なんら抑えた表現とは思えないのだが。

おそらく必ずその表現を入れるように中韓よりの闇ルートで指示があるのだろう。
これでは誰もTVニュースなど信用しないのは当然と思う。




韓国の無法 [特亜]

韓国をまともな国家と考えている人は一部のキチガイだけだとは思うが。

しかし今回の新日鉄、今後の三菱重工他への判決は、このままでいると本当にとんでもないことになる。

安倍政権はこの事には真正面から取り組まねばならない。・・・・本当に。

韓国は敵国である。
そしてキチガイ国家である。

但しキチガイでも真正面から相手にしなければならない時もあるといこと。

そして国内にはこのようなデタラメをも内心大喜びで伝えている狂ったメディアが大半だということ。
(今日、昼飯時に読んだ「信濃毎日新聞」は言葉の端々にそれが出ていた)

日本国、日本人頑張れ!!



キムヨナに毒されたフィギアスケート [特亜]

本日は天皇誕生日
一日も早く天皇陛下が靖国神社に参拝されることを望みたい。

さて昨日より「全日本フィギア選手権」が開催されているが、見ていると本当にフィギアスケートというのは採点面でキムヨナ(韓国の闇勢力)に毒されてしまったなと思う。
その最たるものが、今回の大会で中学生選手が普通に跳んでいる「3-3」の扱いである。
今回の放送が「韓国大好きフジTV」なので余計に顕著なのだが、この「3-3」を飛ぶと必ず「大技!」という謳い文句が入る。
何度も言うが中学生が結構普通に決めている「大技?」なのにである。

つまるところキム・ヨナのために韓国勢が裏工作をし、本来中学生が普通にこなす「大技」を加点最大限の「大技」とし、本来最大の被害者である日本のマスゴミが、その裏付けに必死になっているのが今の構図である。

そして現在女子選手では世界で誰もできない浅田真央の「3A」はなぜか相対化され取り組む意義が薄れてしまっている事態となってしまった。
スケート界の発展、技術の向上につても大きな損失ではないのか?

また何故だか荒川(金メダリストである?)や八木沼等の解説陣もはこれらについて口をつぐみ、本当のことを言う伊藤みどりは暫くTVから消えてしまった。

情けない話だがこれが実情である。

韓国にフラフラ出かける麻生太郎 [特亜]

2週間ほど前の話になってしまうが、麻生元首相が”この時期”に韓国に出かけ意味不明の行動をして帰国している。
具体的に何をしたのかは知る由も無いが、前向きな日韓関係(実は日本にとってはマイナス・後退)とか言っているのだろう。
立場は「日韓議員連盟副会長:実質的代表者」とのことなので本人としては意味があるのかもしれないが、実体は、そして日本国民にとっては迷惑以外の何物でもない。

いったいこの時期に何しに行ったのか?
日本国にどのような意味があったのか?

すぐにこそこそと裏取引する自民党的には意味があったのかもしれないが。

私は麻生太郎は政権時にはリーマンショックへの対応等それなりに評価する面もあるが、今後の安倍政権を考えた場合不要な長老の一人だと思う。
麻生はあの「河野洋平」の真の盟友であり、その点一つとっても信用することなどありえない。

私の目にはこの「麻生太郎」の行動は、永年の日韓癒着の象徴に見える。

橋下府知事とアサヒと佐野眞一 [特亜]

橋下府知事と週刊朝日の問題の因果関係を説明する。

この問題は単純なアンチ橋下のプロパガンダ記事ではない。
それはこの記事を書いている佐野眞一がどんな人物かにより一目瞭然となる。

こいつはつい最近まで「週刊ポスト」で「あんぽん:孫正義伝」という朝鮮人:孫正義の提灯小説を長々連載していた。

つまり因果関係は
孫を必死で持ち上げる=朝鮮人の仲間=アサヒ=佐野眞一

橋下が朝鮮人の日本国追求の切り札「いわゆる従軍慰安婦問題」に問題定義する。

朝鮮人とアサヒにとっては死活問題になる。

朝鮮人に成り代わり(本当は自分自身がそうかもしれないが)必死の反撃を試みた佐野眞一とアサヒ軍団。

事の根本はここにある。
朝鮮人とその一味(アサヒと佐野)の悪あがきは続く。



日中友好団体の不可解 [特亜]

本日、夜9時前に帰宅した際、NHKの長野県の地方ニュースで長野市で日中友好を推進する団体が良く分からないが催しを行なっており、友好復活?に向けての運動展開中であった。

はっきり言って彼等、彼女等は間違っている。

それはどの点か?

世の中争いが生じた際、和解に向けて何をするのか。
答えは簡単で「謝罪と賠償」である。
しかもこの言葉は実は常にトラブルの火元である彼等「中韓」の十八番である。
よもや忘れたとは言えまい。

今回の騒動で日本国の工場、店舗等莫大な損害を出している。
保険で補償される部分もあるようだが。これも最終的には我々の自動車保険等の保険料UPで日本人が負担することになる。

友好云々を言う前に中国人が荒らして破壊した日本人の資産を賠償させること。
どうせ個人の中国人には不可能であれば中国が国家として賠償すること。

こんな当たり前のことも言わないで(言えないで)ふざけたことは言わないこと。

李明博は謝罪していない [特亜]

案の定と言うべきか。
最近の中国の尖閣問題の陰に隠れて、マスゴミは韓国への非難鎮静化にずうずうしくも取り組んでいる。
そしてほとぼりが冷めている様なニセ情報を垂れ流して、日韓の雪解けムードに持っていこうという腹づもりではないだろうか。

しかし単純明快な事実として当の李明博、そして韓国政府は一言も今回の一連の反日騒動を謝罪していない。
見苦しい言い訳を言っていたような記憶はあるが。

それどころか裏で(実際は表立ってだがマスゴミが隠しているので)中国とつるんで熱心に反日活動中である。

おそらく通貨スワップ見直しに危機感を持って事なのだろうが、それなら竹島問題、そしてなによりも天皇陛下への侮辱発言を正式に謝罪もしくは撤回すべきである。
それが出来ないのなら勝手に野垂れ死にすべきであり、にもかかわらず日本にたかろうと考えるのは筋違いである。

もう一度言っておくが李明博及び韓国政府は、今回の騒動について謝罪は一言も言っていない。
日本国民はこの事実をうやむやにしてはならない。

サムソン特許問題 [特亜]

サムソン特許問題を他人ごとのようにマスゴミは報道している。
しかし本来これは日本企業がとっくの昔にサムソンを訴え押さえ込まねばならなかったのではないのか?
私の手元に具体的な資料があるわけではなくあくまでも総合的な自己判断だが、日本企業が全てに於いてパクられ、盗まれ続け、今日の惨状を招いてしまったのである。

なぜ日本企業が韓国パクリ企業群をろくに訴えもせず野放しにしてきたのか断言は出来ないが、私は自民党をはじめとする政治家連中が絡んでいたのではないかと考える。
当然スパイ防止法等の法整備も怠けて何もしてこなかったツケでもある。

いずれにせよ今回の件は、本来日本企業がやらねばならないことをアップルにやられたと言うのが正しい見方と思う。
タグ:サムソン

李承晩ラインによる虐殺 [特亜]

竹島問題をNHKがなんとか沈静化させようと虚報ニュースを流しているが、そんなものに騙されてはいけない。

この問題の発端は「李承晩ライン」を一方的に策定し悪逆の限りを尽くしたことによる。

この当時の韓国によりどれだけの人命等の被害が出たのか?
その辺の数値くらいは日本人としては捉えておきたいところである。


李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数 抑留者数:3929人 拿捕された船の数:328隻 死傷者数:44人 死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。 赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された。

そして韓国はその人質脅迫外交で日韓条約への日本側の譲歩という成果につなげている。
なぜかマスゴミはそのあたりには一切触れないが韓国がやってきたことは北朝鮮の「拉致事件」となんら変わらないどころか、それ以上の悪逆さである。
同じ朝鮮人なので当然と言えば当然だが。

朝鮮人どもに負けるな日本!
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。